さゆゆのブログ

さゆゆの成長

水分制限

さゆゆは第一に、手術に向けて体重を増やす!


その為に、母乳やミルクを飲ませたい。

けれども…

心臓の血流量が増えすぎても負担がかかる。


兼ね合いが難しいようだ。


水分量の調整のために薬も飲む。


また、一度(そして一日)の授乳量も、制限がある。


お腹が空いたと泣かれても、

あげられる量は限られる。


むー、

これは結構、大変だぁ。

こちらも、凹む。


自由に好きなだけ飲ませてあげられないのが、

とっても、とっても可哀想(涙)


随分と経ってからだが、

Drから、「好きな時に好きなだけ与えてOK」と言われた時は、とっても、とっても嬉しかった覚えがある。


良かったね、さゆゆ(^^)v

在宅酸素

さゆゆは「肺高血圧症」とのことで、

在宅酸素療法をすることとなった。


むろん、これも、人生初の経験。


壱:どんだけ大変なの?

弐:機械とか大きいの?

参:ちょっとでも外れると苦しんじゃうの?


などとわからないことだらけでスタート。


状況は各個人によって異なる(常套句)が、

結果としてさゆゆに関して言えば…


壱:まぁ、チューブ(カニューレ)の取り回しとかあるし、大変といえば大変。

弐:そこそこ大きい(こんどサイズ調べます)

参:外れてもすぐ苦しむほどの事はなく、

また、風呂の時は(短時間ですが)外してる。


という感じ。


機械を動かすと、コンプレッサーみたいなやつの音がするけども、まぁ許容範囲。


これでさゆゆが楽になるなら、

大変ありがたい。

肺高血圧症

いつだかのDrの現状説明で「肺高血圧症」という言葉が出てきた。

「今、心配なのは心臓の状態の他に、肺高血圧症もありそうなので…?」


んー、サラッと、軽ぅ〜く言われたけど?

たぶん、これ聞くの初めてたよなぁ?

あれ?

前回、前振りみたいな説明有った?

…などなど考えてみたが、たぶん初めての説明のハズ。


もしかすると、色々な科のDrがいるから、

誰がどこまで説明したのかに関して、

Dr間で微妙な認識のズレが生じてるのかなぁ?

などとも思ったが、まぁいい。


とりあえず、この説明を受けてから、

さゆゆには「肺高血圧症」というステータスも付いた。